上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



や、綾野剛出てるし、森山未來出てるしでそんなに覚悟もなく
連休だし1人で映画にでもいってこようって感じで見に行ったら重かった
でもこれがきっかけで邦画を映画館で見るのっていいかもって思えた

予備知識もないままだったのがよかったのか悪かったのか
この映画って見に行く人が誰に感情移入するのかで変わってくるのかなと思った
私は綾野剛
綾野剛になりきってあきらめと幸せを感じてた
信じるって難しいしこわい
大事にしすぎて壊れるものもあるし大事にできないものもある
全体の話の流れよりちょっとした場面や人や話に心ひかれた

あと、いろんな話があっていろんな感情があって
そのどれをくみ取っていいかでちょっと混乱する
もう一度見て確認したいと思った
映画でもう一回見たいってほとんどないし
「グリーンカード」ぐらい←相当前だから今見てももう感動しないかも(笑)

邦画もよいなぁって思えた
今までちょっと近くにありすぎて生々しくて見れないって気がしてた
リアルだと考えすぎて観てらんないっって感じだったし
映画館で号泣しそうでもこらえすぎて話に集中できないし・・・
感情移入しすぎで見ると疲れるっていうのもあったかも
繊細だったのかもしれん←そうに違いない
程よい距離感で見れるような、いかにも作り物めいた映画だったり
コメディだったら逆に映画館で見ようと思わなかっただろうし
私の心が大人になったのか中年としてのふてぶてしさ落ち着きなのか
必要以上に感情移入しないようにできたかもしれん
泣いたけど

映画館で映画を見ることにがっつりはまったなー
楽しみが増えてうれしい


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。